糖尿病療養指導士講座
過去の問題 Q71〜Q80

100 点満点 ( 合格点 70 点 )

残り時間
制限時間 20 分


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 71 安静空腹時の筋の主となるエネルギー源を以下から選択して下さい。
アミノ酸
糖質
遊離脂肪酸
蛋白質
問 72 動作筋では安静時に比して、何倍のエネルギーが消費されるか以下から選択して下さい。
2〜3倍
5〜6倍
8〜9倍
10倍以上
問 73 最大酸素摂取量の40〜60%程度の中等度の運動での、筋のエネルギーとして使われるものを以下から選択して下さい。
糖質
遊離脂肪酸
糖質と遊離脂肪酸
蛋白質
問 74 無酸素性作業閾値(AT)を越えて運動強度が高まるとエネルギー源として比率が高まるのものを以下から選択して下さい。
糖質
遊離脂肪酸
糖質と遊離脂肪酸
蛋白質
問 75 低強度の運動の長期継続による2型糖尿病のインスリン感受性(抵抗性)の改善効果の持続を以下から選択して下さい。
2日以内に低下し5日で消失
3日以内に低下し7日で消失
4日以内に低下し10日で消失
5日以内に低下し14日で消失
問 76 運動療法を控える指標となる血糖値を以下から選択して下さい。
空腹時血糖220mg/dl以上
空腹時血糖230mg/dl以上
空腹時血糖240mg/dl以上
空腹時血糖250mg/dl以上
問 77 糖尿病の場合、運動開始時に観察が大切な身体の部分を以下から選択して下さい。
手指
腹部
足部
問 78 運動療法を指導する場合、最大酸素摂取量(VO2max)の何%程度が良いかを以下から選択して下さい。
30〜40%程度
40〜60%程度
60〜70%程度
70〜80%程度
問 79 運動療法での運動強度は最大運動能力の何%に設定するのが良いか以下から選択して下さい。
40〜50%
50〜60%
60〜70%
70〜80%
問 80 運動療法での運動持続時間を以下から選択して下さい。
10分以上
15分以上
20分以上
30分以上

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。

採点後「送信」ボタンを押して結果を送信してください。


結果: