糖尿病療養指導士講座
過去の問題 Q11〜Q20

100 点満点 ( 合格点 70 点 )

残り時間
制限時間 20 分


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 11 インスリン依存状態の糖尿病に対して正しくない記載を選択して下さい。
血糖値は比較的安定
インスリン頻回注射
食事療法
インスリン絶対不足
問 12 インスリン非依存状態の糖尿病に対して正しくない記載を選択して下さい。
経口薬または、インスリン療法
空腹時血清CPR1.0ng/ml以上 ※CPR=C peptide Immunoreactivity
運動療法
ケトン体が著増
問 13 1型糖尿病の特徴でない記載を選択して下さい。
家系内に糖尿病が多い
小児〜思春期に多い
肥満
自己免疫
問 14 2型糖尿病の特徴を以下から選択して下さい。
肥満と無関係
甲状腺疾患と合併
GAD抗体陰性 ※GAD=Gulitamic acid decarboxylase
小児〜思春期に多い
問 15 HbA1c(hemoglobin A1c:ヘモグロビン)に対する間違った記載を選択して下さい。
HbA1cはヘモグロビンA0のグリケーション産物である
採血時から1、2週間の平均血糖値を反映
血糖コントロール状態の指標となる
赤血球寿命と関連あり
問 16 HbA1cの値に関する間違った記載を選択して下さい。
HbA1c基準値は4.3〜5.8%である
ヘモグロビン異常症では値が変動
HbA1cが4.5%以上であればほぼ糖尿病
尿糖の排泄量と相関して低下する
問 17 HbA1cが高値となる場合を選択して下さい。
鉄欠乏性貧血の回復期
肝硬変進行期
糖尿病
出血
問 18 血糖値とHbA1c値の間に開きがある場合について正しい記載を選択して下さい。
急速に改善した糖尿病ではHbA1cが高め
急激に発症した糖尿病ではHbA1cが高め
腎不全時の透析療法ではHbA1cが低め
異常ヘモグロビン症ではHbA1cがどちらにでもなりうる
問 19 過去2〜4週間の平均血糖値を反映する指標とならないものを選択して下さい。
グリコアルブミン(GA)
フルクトサミン
1.5−アンヒドログルシトール(1.5AG)
HbA1c
問 20 インスリン分泌能に対する指標について正しい記載を選択して下さい。
食物摂取により基礎分泌が起きる
空腹時には追加分泌が起きる
1型糖尿病は基礎分泌が低下
2型糖尿病は追加分泌が低下

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。

採点後「送信」ボタンを押して結果を送信してください。


結果:

※個人情報については、送信されません。今後の参考のために結果を送信してください。